令和4年度入学案内

 深川第七中学校は昭和34年(1959年)深川第一中学校から分かれ、区内で14番目の中学校として開校し、今年で創立62周年となりました。これまでに7449名の卒業生が巣立っていきました。校章は七葉のとちの木の若葉を表しています。とちの木は山野に自生し、見上げるばかりの巨木になります。葉は大きく、強く、たくましい形をしており、豊かさと信頼を感じさせます。左右対称の形は調和と安定を連想させます。

これらは、本校の建学の精神を示したものです。

 

学校経営方針はこちら

学校案内はこちら

令和2年度進学先はこちら

標準服はこちら

更新日:2021年09月07日 15:54:00